ca|de|dk|en|es|fi|fr|gl|gr|he|it|nl|pt|sr|ru|cn|jp
The Critical Engineering Working Group
Berlin, October 2011-2017
Julian Oliver
Gordan Savičić
Danja Vasiliev

THE CRITICAL ENGINEERING MANIFESTO

0. クリティカル・エンジニアは、現代において私達の考え方・話し方・生き方を形づくる上で、エンジニアリングこそが最も影響力のある言語だと考える。この言語を習得し、その弱点を最大限に活用することで、エンジニアリングの影響を露わにするのがクリティカル・エンジニアの使命である。 1. クリティカル・エンジニアは、どんなテクノロジーも、それに依存した瞬間に挑戦や脅威になりうると考える。あるテクノロジーに依存すればするほど、テクノロジーの所有権やその法規制にかかわらず、仕組みを学び、明らかにする必要性も高くなる。 2. クリティカル・エンジニアは、私達のテクノロジーと政治に関するリテラシーが、テクノロジーが進歩する度に問われていく、という問題意識を高める。 3. クリティカル・エンジニアは、リッチなUXを脱構築し、それに疑いの眼差しを向ける。 4. クリティカル・エンジニアは、実装礼賛主義を超えて、その実装がもたらす影響や効果を精査する。 5. クリティカル・エンジニアは、どんなエンジニアリングプロダクトも、ユーザの依存度に比例して、そのユーザを作り変えることを認識している。 6. クリティカル・エンジニアは、「マシン」という概念を、デバイス、身体、エージェント、権力、ネットワークを包含する相互作用として拡張する。 7. クリティカル・エンジニアは、テクノロジーの生産と消費の間に広がる空間を観察する。クリティカル・エンジニアは、この空間で起こる変化に素早く反応することで、不均衡と欺瞞の瞬間を暴くことを使命とする。 8. クリティカル・エンジニアは、アート、建築、アクティビズム、哲学、発明の歴史を紐解き、クリティカル・エンジニアリングの先例を発見し、これらの分野における戦略や考え方や課題を導入・再活用・デプロイする。 9. クリティカル・エンジニアは、記述されたプログラムが社会的・心理学的な領域にまで拡張され、人々とマシンとの相互作用を決定しうると考える。この理解をもとにクリティカル・エンジニアは、システムを深掘りしていくことで、ユーザの制約や社会的なアクションを再構築する術を模索する。 10. クリティカル・エンジニアは、システムの弱点を突いて活用することこそが、最も望ましい形のテクノロジーの暴露であると考える。 Translated into Japanese by Yosuke Ushigome

Download English language version of Manifesto as a printable PDF
(sha256sum 1b542dc224800f6266334f96b13ba65ea6ecac1cd058d913aec8910f6ce3d09f).

Copyright Oliver, Savičić, Vasiliev 2011-2017, GNU Free Documentation License v1.3.

Critical Engineering intensive training 2016: NETWORKSHOP, UNIX CLI, OTHERNET